ブリヂストンのおすすめ子供乗せ電動自転車を紹介【2019年モデル】


ブリヂストンの子供乗せ電動自転車といえば、自分好みにパーツを着せ替えできるビッケシリーズや、女性誌の「VERY」とのコラボで誕生した、ハイディツーが人気です。

2019年モデルも進化してビッケシリーズとハイディツーが販売されます。

ビッケシリーズとハイディツーの特徴などを紹介していきます。

走りながら充電できる、両輪駆動

ブリヂストン電動自転車の魅力のひとつであるデュアルドライブというシステムを搭載した『両輪駆動』。特徴的なのは前輪のハブにモーターが内蔵されていて動力源となっています。後輪のベルトドライブと組み合わせて両輪が駆動します。

※今回紹介する商品で両輪駆動が搭載されているのは、ビッケモブdd、ビッケグリdd、ハイディツーになります。

一度だけ試乗したことがあって、漕ぎ出しがとてもスムーズで、まるで前から引っ張ってもらってるような感覚でした。下り坂もモーターブレーキでしっかり減速してくれるので安心です。

さらにすごいのがブレーキの抵抗が電力となってバッテリーに充電がされます。ペダルを止めたり、左ブレーキをかけることで充電ができて、4日走ると最大1日分が充電されます。

他にもメリットをあげると、モーターを前輪に移すことでフレームの高さがより低くなるので、跨ぎやすくなって乗り降りがスムーズに行なえます。あと、ベルトがチェーンではなくてベルトなので、移動中に外れる心配や錆びることもなくなります。

両輪駆動のメリット
・漕ぎ出しがスムーズ
・モーターブレーキでしっかり減速
・走りながらバッテリー充電
・低フレームで乗り降りスムーズ
・ベルトなので外れたり、錆びる心配なし

着せ替えで自分好みの電動自転車に乗れるビッケシリーズ

ビッケシリーズは可愛らしいデザインで、子供用の自転車にも同じデザインの自転車があって、親子でお揃いのデザインの自転車に乗って出かけようというコンセプトの自転車です。

ビッケシリーズの特徴としては、パーツの着せ替えができることです。オプションパーツでカラフルなサドルカバーやハンドルグリップ、チャイルドシートカバーを購入することで自分好みのカラーに着せ替えてコーディネートができます。

ビッケモブdd

引用:http://www.bscycle.co.jp/

ビッケモブの特徴
・両輪駆動
・前輪24インチ、後輪20インチ
・フレームが曲線
・三人乗り対応
・バッテリー容量 14.3Ah
・後ろ子乗せシート標準装備

ビッケモブは、前輪が24インチ、後輪が20インチで前輪の方が大きいのと、フレームが曲線になっていて跨ぎやすいのが特徴です。

前輪が24インチにすることで直進の安定性が増して、段差にあがった時の衝撃が少なくなるので、運転が苦手なお母さんも安心して乗ることができます。さらに後輪は20インチなので子供の乗せ降りがより楽になります。

3人乗り対応なので、オプションパーツで前子供乗せシートを購入して取り付けることで前後にお子様を乗せることができます。ビッケモブの標準装備は後ろ子乗せシートのみになります。後ろ子乗せシートに乗せれるお子様は2歳〜6歳未満です。

バッテリー容量は14.3Ahで、どれぐらい走るかは下記を参考にしてください。

バッテリー14.3Ahの標準走行パターン
・エコモード 82km
・オートモード 58km
・パワーモード 42km

ブリヂストンの公式ページにあるカラーシュミレーターで車体カラーや、グリップカラーやサドルカバーなどのオプションパーツのカラーなどを選んでイメージすることができるので、是非使ってみてください。
ビッケモブのカラーシュミレーター

ビッケグリdd

引用:http://www.bscycle.co.jp/

ビッケグリddの特徴
・両輪駆動
・前輪24インチ、後輪20インチ
・フレームが曲線
・三人乗り対応
・バッテリー容量 14.3Ah
・後ろ子乗せは標準装備

性能はビッケモブddとほぼ同じで、違う点はフレームになります。ビッケモブddは曲線フレームで柔らかくて可愛らしいデザインに対して、ビッケグリddは直線フレームでスタイリッシュでかっこいいデザインになっています。夫婦で兼用するときはビッケグリにしてあげると旦那様も喜んでくれるかもしれません。

ビッケグリのカラーシュミレーター

ビッケポーラー

引用:http://www.bscycle.co.jp/

ビッケポーラーeの特徴
・20インチ
・三人乗り対応
・バッテリー容量 15.4Ah
・前子乗せは標準装備

ビッケポーラーはハンドル一体型前子供乗せシートが標準装備で付いています。前子供乗せは1歳から乗せることができます。前子乗せだと運転していても、お子様の様子も確認できるので安心できます。

子供乗せを卒業したら、オプションで売っているバスケットを購入すると、取り替えることが可能です。

ビッケポーラーは20インチなので、背が低い方でも足付きがよく、運転が慣れてない方も安心して運転ができます。

バッテリー容量は15.4Ahでビッケモブやビッケグリに比べると少し容量が大きいです。

バッテリー14.3Ahの標準走行パターン
・エコモード 78km
・オートモード 63km
・パワーモード 56km

お父さんも乗りたくなるスポーティな電動自転車ハイディ

引用:http://www.bscycle.co.jp/

ハイディツーの特徴
・両輪駆動
・26インチ
・三人乗り対応
・バッテリー容量 12.3Ah
・後子乗せは標準装備

子供乗せ自転車は安定性を重視してて20インチが主流となっていますが、ハイディは子供乗せ自転車では珍しい26インチです。ハイディツーの一番人気のあるカラーであるクロツヤケシとスタイリッシュなデザインで26インチならではのかっこよさがあります。今年からは両輪駆動が搭載されて進化しています。

ハイディツーを購入される際に注意してほしいのは、前バスケットは標準装備ではないです。ただ最近ではカゴをサービスとしてプレゼントしているお店が増えてきています。

もうひとつ注意してほしいのが、ハイディツーのバスケットには「HYDEE.Ⅱ用フロントバスケット」と「アルミパイプバスケット」の2種類があるのですが、前子供乗せシートを取り付ける場合に限っては、通常バスケットは「アルミパイプバスケット」しか取り付けれなくなります。

アルミパイプバスケット 引用:http://www.bscycle.co.jp/

通常と書いたのは、特別な金具を取り付けて本来取り付けることができない「HYDEE.Ⅱ用フロントバスケット」を取り付けて販売しているお店があるからです。特別な金具はブリヂストンの標準装備ではないので、万が一不具合が起きても保証対象外になる可能性があるので、購入される場合は自己責任でお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください