ビットコイン(仮想通貨)とは何者か初心者なりに解説してみる。


2017年は仮想通貨の元年とも呼ばれ、2018年1月はコインチェックでNEMが473億円分を流出した問題で世間を騒がせてきた仮想通貨ですが、今後の仮想通貨の将来性を見越して理解せずに過ごすのはまずいと思い、少し勉強しましたので、ビットコインとはどういったものなのか初心者なりに説明していきます。

ビットコイン(仮想通貨)とは?

ゲーム内通貨のようなもの

ビットコインは通貨の単位です。

円やドルでビットコインを購入することができますし、ビットコインを売って円やドルに変えることもできます。

円やドルとの大きな違いは実体があるかどうかです。ビットコインには実体がありません。

ビットコインはデジタル通貨でゲーム内で課金して使えるお金と似ています。ゲーム内ではなく現実で使用できるのがビットコインと思っていただいたらわかりやすいと思います。

国境がない

円は日本でしか使用できません。ドルも同様にアメリカしか使用できません。

ビットコインは特定の国に属さないので、世界中どこでも使用することができます。

発行源がない

日本には千円札や五千円札、一万円札などの紙幣があり、これらは日本の中央銀行である日本銀行が発行しており、国の信用があるから紙幣としての価値が存在します。

ビットコインには発行を司る組織や流通を管理する組織がありません。ビットコインは取引に参加している人たちが主体となり、世界の至るところで24時間365日行われている取引を参加しているメンバーがお互いに承認しあうことで取引の正しさを担保しています。

ビットコインとアルトコインの違い

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。アルトコインにはたくさんの種類があります。

代表的なものとしてリップル(XRP)、イーサリアム(ETH)などがあります。

ビットコインと電子マネーの違い

現金を持たずに決済出来る点ではビットコインと電子マネーは同じです。

違う点を挙げると、ICカードがあるかどうかです。電子マネーは「ICOCA」や「SUICA」などのICカードがあります。ビットコインは取引所が用意した「ウォレット」のアプリをスマホに入れて使用します。お店側がウォレットのアプリにお会計の金額を入力して「アドレス」を取得し、そのアドレス先に送金することで支払い完了になります。

あとは、通貨の単位が円かビットコイン(BTC)かの違いになります。ICOCAやSUICAはあくまで円での支払いになるので、日本のみでの使用になります。ビットコインは国際通貨なので世界中で使用することができます。

ビットコインの購入方法は?

ビットコインやアルトコインは取引所で購入することができます。

取引所一覧

bitflyer
bitbank
BTCBOX
Zaif

ビットコインの使い道は?

ビットコインの使い道は大きくわけると投機目的か海外送金かの2つがあります。

投機目的

2017年は1年間で価値が10倍以上に跳ね上がりました。100万円が1000万円以上に…!逆も然りで、急激に価値が下がることもあります。

2017年は仮想通貨元年とも呼ばれ、これから将来性見込めるビットコインは投資対象として注目されると思います。

海外送金

ビットコインは海外に送金や決済手段として、かなり優れています。銀行から5万円ぐらいを送るのに何千円かの手数料がかかります。ビットコインだとスマホから簡単に何十円や何百円ぐらいの安い手数料で送金できます。

2016年4月14日に熊本県で発生した震度7の地震を受け、取引所であるコインチェックがビットコインでの支援金を募ったところ、海外からも含め2ヶ月間で45BTCが集まりました。当時のレートで総額約1300万円になります。ビットコインは被災地の支援にも使用することができます。

よく出るキーワード

ブロックチェーン

ブロックチェーンは「分散型台帳」の技術です。この技術が無ければ仮想通貨は生まれなかったです。数百から数千という取引記録(トランザクション)を一つのブロックにして、みんなで手分けをして承認し、一つのチェーン(鎖)の形で共有しています。
正直イメージわかないですよね(笑)

例えば、取引記録の中にA君からB君にビットコインを送金をするという記録があります。

A君→B君

このやりとりを承認されれば取引完了となります。

次にB君がC君にビットコインを送金したら

A君→B君→C君

というふうにこれまでの履歴に取引記録が追加されて、参加しているみんなで不正がないかを管理できる仕組みになっています。

なんとな〜くわかったぐらいで大丈夫だと思います(笑)

マイニング

数百から数千という取引記録のブロックは10分ごとに承認されます。承認するには、個人ではできないようなスーパーコンピューターばりの性能で承認作業を行わなければなりません。こういう承認作業のことをマイニング(発掘)といいます。一番先に承認できた人に対して12.5BTC(1BTCが10万円とすると125万円)の賞金が与えられます。

例えると、クラスで10分毎に100マス計算の紙が渡されて、一番先に解いた人が賞金貰えるような仕組みです。

以上、ビットコイン(仮想通貨)について、初心者なりに解説してみた記事でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください