朝までぐっすり!寝苦しい夏の睡眠対策としてガーゼのパジャマがオススメです!


夏は寝苦しくて、途中で起きてしまうし、ちゃんと寝た気がしないな〜。
何か対策方法はないかな〜。

夏になって暑くなると、寝苦しくなったり、眠りが浅くなって途中で目覚めたり、目覚めがスッキリしなかったりして、悩まされますよね。

クーラーをつけたら寝苦しさは解消されますが、クーラーを付けっ放しにすると体に良くなかったり、電気代もかかるので、クーラーに頼らなくても快適に睡眠をとりたいですよね。

人の汗は一晩でコップ一杯ぶんの汗をかくといわれています。その汗が身体に残ってベタベタすると考えるだけで気持ち悪くなりますよね。

そこで、僕がおすすめしたいのは、ガーゼのパジャマです。

普段夏をパンツ一丁や、Tシャツ一枚で寝ている方からしたら、パジャマにしたぐらいで快適に睡眠できるようになるのって疑いたくなると思いますが、これからガーゼのパジャマの良さを紹介していきます。

睡眠の質を高めるにはパジャマがおすすめ。

睡眠の質を高めるにはパジャマをおすすめします。

パジャマは軽くて摩擦が少ないので、着るだけでリラックスできます。Tシャツやスウェットは起きている間は快適でラクかもしれません。ただ人は一晩で何十回も寝返りをうつので、Tシャツやスウェットで寝るには生地と皮膚の摩擦が多く、寝返りをうつたびにストレスとなって、睡眠に影響をしています。

寝返りをうつのは、レム睡眠とノンレム睡眠を切り替えるスイッチの役目があるといわれているので、寝返りをストレスなく快適にしてやることが大切です。

ということもあって、寝る時はパジャマに着替えることをオススメしています。

僕はもともとTシャツを着て寝ていたのですが、パジャマで寝るようになってから、睡眠の質が上がって1日のリズムが良くなり、途中で目覚めることがほぼ無くなったので、パジャマで寝るようにして本当に良かったと思っています。

寝苦しい夏は涼しいガーゼのパジャマにしよう。

まずは、ガーゼの特性を知りましょう。

ガーゼは目が粗い分とても通気性が良く、軽くて柔らかいので、肌のデリケート
な人でも安心して使えます。吸湿性も良いので、汗を良く吸い取ってくれます。
汗や水分を吸い取る用途でパイル地も良く用いられますが、表面のパイルは
デリケートな肌を傷つけてしまうこともあります。ガーゼの場合はそんな引っ掛
かりもないので、赤ちゃんや子供の肌を拭くのにも最適です。

引用:ガーゼとは?

ガーゼが夏と相性が良いのがよくわかりますね。箇条書きで特性をまとめます。

ガーゼの特性
・通気性が良い
・軽くて柔らかい
・吸湿性が良い

使用している無印良品のガーゼのパジャマを紹介します。

僕は無印良品の脇に縫い目のない二重ガーゼパジャマを使っています。

ガーゼのパジャマを着ると、通気性が良いので少しの風でも身体が涼しいです。

なによりも、オーガニックコットン100%のガーゼなので、柔らかくて軽くて着ているだけでリラックスできます。

このパジャマを着て近くのコンビニとか行くのは恥ずかしくてできませんが、寝る時に着るだけなので僕はデザインに関してはそこまで気にしてないです。

ちなみに僕の買ったのは無地タイプですが、チェック柄のタイプがありますので、自分の好みのデザイン、カラーが選べます。

あと、半袖タイプもあるのですが、長袖タイプを購入したのは、体温をキープするためです。クーラー付けて寝てしまうと肌が露出しているところから冷えてしまうので、体温をキープするために長袖タイプにしました。

気になった方は是非ガーゼのパジャマを試してみてください。お風呂上がり、ガーゼのパジャマを着て、ビールを飲むと最高に幸せですよ。

以上、寝苦しい夏の睡眠対策としてガーゼのパジャマがオススメの記事でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください