仮想通貨の現物取引と信用取引(FX)の違い


仮想通貨を購入したいけど、現物取引と信用取引(FX)の違いってなんだろう。

今回は現物取引と信用取引(FX)の違いについて勉強しましょう!

仮想通貨の現物取引

現物取引とは、仮想通貨を自分の資金で実際に売買することです。資金の範囲内で仮想通貨を買うことができて、買った仮想通貨をどう使おうが自由です。決済や送金手段に使用したり、安く買って高く売ることで含み益で儲けたりすることができます

仮想通貨の現物取引の特徴をざっくりとあげます。

・仮想通貨を購入後、決済や送金手段として使用可能
・資金の範囲内のみの取引

仮想通貨を購入後決済や送金手段として使用可能

仮想通貨という言葉は誰しも聞いたことがあると思います。でも実際仮想通貨で何ができるかって聞かれたらわからないですよね。僕がそうでした。「億り人」というワードは聞いたことあったのでお金儲けできるぐらいのイメージしかなかったです。

まだ少しの店舗しか導入してませんが、ビットコインでの支払いができたり、海外に送金するときの手数料が銀行だと何千円かかるところ仮想通貨だと何十円〜何百円で送金できたりします。現物取引で仮想通貨を購入したら、所有者になるので支払いや海外送金に使うことができます。

資金範囲のみでの取引

当たり前みたいな話ですが、現物取引は口座に入金した資金範囲内でのみ取引が可能です。当たり前やん…って思うかもしれませんが、信用取引では資金範囲を超えて仮想通貨の取引をすることができるんです。次の信用取引で説明しますね。

仮想通貨の信用取引(FX)

信用取引(FX)とは、お金、仮想通貨を借りて取引をします。借りるってことは当然返さないといけません。また、借りた金額を上回る損失になる場合もあります。リスクは大きいですが、信用取引はレバレッジをかけることができるので、少ない資金で大きい利益を得ることが可能です。

信用取引の特徴をあげていきます。

・レバレッジをかけれる
・空売り(ショート)ができる

レバレッジをかけれる

信用取引はレバレッジをかけることができて、少ない金額で大きい取引ができることです。

信用取引する時はまずFXの口座に証拠金を預けます。取引所ごとにレバレッジの倍率が決まっていて、例えばレバレッジが5倍だとしたら、1万円の証拠金を預けたら5万円分の取引ができます。少ない資金で大きく勝つことができますが、逆も然りで大きく負けるというリスクが伴います。証拠金の額以上に負けてしまった場合は、足りない分を追加入金しないといけません。

現物取引は資金内での取引なので、借金はしませんが、信用取引は借金が増える可能性があるってことだけは覚えといてくださいね。

あと、信用取引の場合でも借金を増やさなくても済む方法があります。それは、損切りのラインを自分で決めといて、そのラインの金額に予約注文を入れておくと、証拠金を超える負けはせずに済みます。

例えば、ビットコインの価値は1枚10万円とします。証拠金1万円のレバレッジ10倍でビットコイン1枚購入しました。

そして、購入してすぐビットコインの価値が1枚1000円に下がってしまいました。9万9000円の損失です。証拠金を上回る損失なので、上回った分は追加入金して返さないといけません。

でもビットコインの価値が1枚9万5000円になったら売却するという予約注文をしていると、その価値になると自動に売却されます。こうすれば安全に取引をすることができます。

実際取引所によって、自動にロスカットしてくれる仕組みになってたりします。ビットフライヤーでは証拠金維持率が80%以下になると、維持率80%以上にするようにと追加金の勧告がきて、入金しなかったらロスカットされます。さらに証拠金維持率が50%以下になると自動的にロスカットされます。

他の取引所ではロスカットの仕組みがなかったりするとこもあるので、使用される取引所の仕組みはきちんと理解しておきましょう。

空売り(ショート)ができる

現物取引は安く購入して、高く売却することで含み益を得ることができます。それには右肩上がりの上昇トレンドになることが条件です。

ただ信用取引の場合は下降トレンドでも含み益を得ることができます。ここから少しややこしくなってきます。

信用取引は空売り(ショート)といって、売りから入ることができます。高い時に売って、安い時に買う。これがショートで勝つための基本です。

は?ってなりますよね(笑)

例えば、ビットコイン1枚1万円の価値がある時に、ビットコイン1枚を借りて売ります。その後にビットコインが1枚5000円の時にビットコインを1枚購入します。借りていた1ビットコインを返したら5000円が残るので含み益となります。これが空売り(ショート)のやり方です。

信用取引の場合は上昇トレンド、下降トレンドを予想することで勝つことが可能になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最初のうちは、1万円を資金に現物取引でチャートの流れを見て相場がわかるように勉強すると良いと思います。一人で勉強するのは難しいので、いろんな人のブログを読んだり、ツイッターで仮想通貨関連のつぶやきをしている人をフォローしたりして、仮想通貨の空気にどんどん触れていきましょう。

以上、仮想通貨の現物取引と信用取引(FX)の違いについての説明でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください