仮想通貨の販売所と取引所の違い


ビットコインを購入するなら販売所か取引所どっちがいいんだろう?

今回は仮想通貨の販売所と取引所の違いについて勉強していきましょう。

仮想通貨の現物取引をする際に「販売所」と「取引所」というのがあります。例えばビットフライヤーでは販売所と取引所のどちらでもビットコインの売買をすることができます。

現物取引の説明については下記からどうぞ。
仮想通貨の現物取引と信用取引の違い

下記の写真を見て頂いたらわかるのですが、販売所と取引所でビットコインの価格が違います。販売所は取引所に比べると1万円ぐらい差があるのがわかると思います。

販売所とは?

販売所とは「QUOINEX」「bitbank」「GMOコイン」などの仮想通貨交換業者が仮想通貨の販売を行っています。

販売所の特徴は成行注文で、数量だけを指定して売買をすると、現在の相場の価格で即座に取引が完了します。即座というのがポイントで、急いで注文を入れたい時に役に立ちます。また、販売所は取引所に比べると取り扱っている銘柄が多いです。


販売所の取り扱いはビットコインの他にアルトコインが数種類ありますが、取引所の取り扱いはビットコインのみになります。

取引所とは?

取引所は個人間で仮想通貨の取引を行います。

取引所の特徴は指値注文で、金額と数量を指定して注文をします。オークションみたいなもので、例えばビットコインを60万円で売りに出したときに、60万円で購入したい人がいたらそこで取引が完了になります。反対に60万円で購入したい人が現れなかったら、取引は未完了のままになります。

販売所か取引所はどちらがいい?

基本的に安く購入できる取引所の方が断然に良いです。

そうなると、販売所は取引所に比べて相場が高いし、金額も指定できないのでメリットが無いような気がしますよね。でもちゃんとメリットはあります。成行注文は即座に取引を完了できるのが強みです。急いで売買させたい時に役に立ちます。

例えば、ビットコインを購入した直後に価格が暴落します。これ以上含み損を増やさないために、損切りをしないといけません。成行注文だと即座に取引が完了するので、急いで売買する時に有効です。また、指値注文の場合だとすぐに売りたくても買い手がいない場合は取引を完了できません。流通率が高い取引所だったら買い手がいないという問題は無いとは思いますが、こういう場合の時のために成行注文があると思っていただけたらと思います。

以上、仮想通貨の販売所と取引所の違いについてでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください