【スパイスカレー】4種類のスパイスでチキンカレーを作ってみた。【作り方も紹介】


今自分の中でカレーブームが到来しています。カレーでもバーモンドカレーやプレミアム塾カレーなどの家カレーではなくてスパイスカレーです。

美味しいスパイスカレーを食べるのもいいですが、作るのも挑戦してみたいと思い、人生で初めてスパイスカレーを作ってみました。

この記事ではスパイスカレーを作るまでの工程を書いていきますが、超初心者が作るカレーなので真似しないでください(笑)

Youtubeでスパイスカレーの作り方の流れを把握する

家カレーの場合は野菜、肉を炒めて水を入れて、ルーを溶かしてっていうカレー完成までの工程がイメージしやすいですが、スパイスカレーの完成までの工程ってイメージしにくいと思います。

なので、最初はスパイスカレーの調理工程を見て勉強したいと思い、YOUTUBEにあがっているスパイスカレーを作ってみた系の動画をいくつか見ました。何本か見ていくうちに、必要なスパイスや隠し味に何を入れているのかがわかるので勉強になります。

使ったスパイスは4種類

スパイスは何十種類とありますが、今回は4種類のスパイスで作りました。スーパーで売っているので簡単に手に入ります。

今回使ったスパイスは…

【クミン】
風味を出すためのスパイス。

【ターメリック】
カレーの色を出すためのスパイス。

【レッドパウダー】
辛味を出すためのスパイス。チリペッパーやカイエンパウダーでもオッケーです。

【ガラムマサラ】
色々なスパイスが混ざったミックススパイス。仕上げに使います。少し辛さを加えたりするのに役立ちます。

コリアンダーというスパイスも入れたかったのですが、調達しに行ったスーパーには売ってなかったので、今回は諦めました。ガラムマサラにコリアンダーが少し含まれているみたいなので、まぁなんとかなるでしょう。

調理時間はたったの15分

初めてのスパイスカレーはチキンカレーを作りました。

使った材料
・ムネ肉
・玉ねぎ
・トマトホール缶
・クミン
・ターメリック
・レッドペッパー
・ガラムマサラ
・ハチミツ(隠し味)
・バター(隠し味)

使ったのは、これぐらいです。

小さじ一杯とか、何グラムとか書けよ、このやろう!

正直忘れました。ごめんなさい(笑)
気になる方は上記の動画を参考にしているので、非常にわかりやすく説明していますので、ご参考にしてください。

油をひいた鍋にクミンを投入して、加熱してからみじん切りにした玉ねぎを入れます。この時点では美味しそうには見えません。

玉ねぎは飴色になるまでもしくは多少焦げるぐらいまで炒めます。この時点でも美味しそうにはまだ見えません。


鳥のムネ肉を鍋に入れて、色を付けるターメリックと辛さを出すレッドペッパーを小さじ1杯ほど入れて混ぜます。まだまだ美味しそうに見えないですね〜。

トマトホール缶を入れます。少しずつ美味しそうに見えてきたかな(^^;)

水を400cc入れて、20分ほど煮込みます。隠し味にバターとハチミツを加えたあとに、最後に仕上げとしてガラムマサラを加えて完了です。煮込む前はしゃばしゃば過ぎてやばいかなと思っていましたが、煮込んだらトロみがついてきてカレーっぽくなってきました。

見た目は80点ぐらいかな。味の方も辛かったけどそこそこ美味しくできたので70点!

作ってみて感想、反省点

スパイスカレーは作るの複雑で難しいと思ったけど、案外調理の工程自体は簡単で慣れたら家カレーより早く作れそうです。

ただ味の調整がとても難しかったです。レッドペッパーを入れすぎて辛くなって、甘くするためにはちみつ入れたりしたけど、予想してた味と違ったりとか、まろやかにするためにバターを入れてみたけど、あんまり変化がわからなかったりとか、いっぱい作って修行積まないと思い通りのカレーは作れなさそうです。

今回作ったカレーの反省点としては、味見したときに酸味が少し強かったので、トマトを半分にするか、トマトを投入した後水を入れる前にしばらく加熱して酸味を飛ばせば少しはマシになったかもしれないです。

また次作るときにそれに気をつけて作りたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください