【2019年】夏休みは夏の関西1デイパスで出かけよう!買い方、受け取り、範囲などのまとめ。


JRが発行している関西1デイパスはご存じでしょうか。関西エリアの大部分のJRの路線が一日乗り放題できる切符です。JRだけでなく、京阪や南海、近鉄の私鉄のチケットも付いてとてもお得です。

「夏の関西1デイパス」は6月~9月の夏の期間に使うことができます。日帰り旅行や出張、お盆の帰省などで利用するとお得になる可能性もあるので、是非チェックしましょう。

今回は「夏の関西1デイパス」の内容や買い方、移動できる範囲などを紹介していきます。

2019年夏の関西1デイパスの内容は?

JR自由周遊区間内の普通列車が1日乗り放題

JRの関西圏である大阪、兵庫、和歌山、奈良、滋賀の多くの路線が1日乗り放題になります。さらに関西から出た福井県の敦賀まで行くことができます。

夏の関西1デイパスは大人3600円です。JR自由周遊区間内である姫路から敦賀まで、通常片道4000円です。片道だけで元が取れるのでかなりお得ですよね。

大阪水上バス1日乗り放題

夏の関西1デイパスは、大阪水上バス「アクアライナー、水都号アクアmini」が一日乗り語放題の切符が付いてきます。川から見る大阪の景色は、また違った風情を感じるのではないでしょうか。電話で事前予約が出来るので安心ですね。

詳しくは大阪水上バスホームページをご覧ください。

関西私鉄の好きなチケット1種類選べる

京阪の大原1dayチケット、南海の高野山チケット、近鉄の赤目四十八滝チケットの私鉄3社のうちいずれか1枚に引き換えが出来ます。

大原1dayチケット

[box class=”pink_box” title=”大原1dayチケットの中身”]
「京阪電車の京橋駅〜東福寺駅間の往復乗車券(途中下車できません)」

「東福寺駅〜出町柳駅間1日乗り放題」

「京都バスの京都駅前バス停〜大原バス停間(17・18系統)1日乗り放題」[/box]

チケット引換時間 京阪京橋駅・京阪東福寺駅
(5:00~23:00)

大原は京都市内から1時間程行った場所、比叡山の麓に広がる自然豊かな里です。大原といえば、天台宗の寺院の「三千院」が有名です。他にも「宝泉院」も名所で、玄関の門に入ると樹齢700年の五葉松に圧倒されます。

高野山チケット

[box class=”green_box” title=”高野山チケットの中身”]
「南海電鉄の新今宮駅〜高野山駅間(ケーブル含む)の往復乗車券(途中下車できません)」

「南海りんかんバス高野山内1日乗り放題(立里線、高野龍神線、高野丹生都比売線を除く)」

「拝観料2割引サービス券(金剛峯寺、金堂、根本大塔、霊宝館)」および「お土産・飲食1割引サービス券(珠数屋四郎兵衛、中本名玉堂、高野茶屋 和久)」
[/box]

チケット引換時間 南海新今宮駅
(5:30~23:45)

高野山は標高867mに位置し、世界文化遺産に登録されています。高野山は弘法大師・空海が開いた日本を代表する真言密教の聖地です。お寺のイメージが強く、「奥之院」や真言宗の総本山である「金剛峯寺」が有名です。

赤目四十八滝チケット

[box class=”blue_box” title=”赤目四十八滝チケットの中身”]「近鉄電車の鶴橋駅または京都駅〜赤目口駅間の往復乗車券(途中下車できません)」
「三重交通バス赤目口駅前バス停〜赤目滝バス停間の往復乗車券」
「赤目四十八滝入山料および周辺の各施設・店舗での割引サービス」
[/box]

チケット引換時間 近鉄鶴橋駅・近鉄京都駅特急券うりば(5:30~23:20)
近鉄京都駅営業所(平日10:00~19:00、土・日・祝9:00~18:00)

奈良と三重の県境に位置し、日本の滝百選にも選ばれた名所です。

レンタサイクル駅リンくん

関西自由周遊区間内のJR西日本の主な駅で自転車を大人のみ一回に限りレンタルすることができます。移動手段が歩きから自転車に変わるだけでドンドン観光地回れます。目的地にあれば利用したいですね。

[box class=”glay_box” title=”駅リンくん営業所一覧”]JR新大阪駅、JR星田駅、JR鴻池新田駅、JR茨木駅、JR千里丘駅、JR八尾駅、JR住道駅、JR西九条駅、JR塚本駅、JR甲子園口駅、JR姫路駅、JR加古川駅、JR西明石駅、JR伊丹駅、JR東加古川駅、JR明石駅、JR宝殿駅、JR草津駅、JR守山駅、JR近江八幡駅、JR彦根駅、JR石山駅、JR石山駅北口[/box]

2019年夏の関西1デイパスの買い方

2019年夏の関西1デイパスの発売カ所

夏の関西1デイパスの発売している箇所はJR西日本ネット予約(e5489)か関西自由周遊区間内・和歌山・福知山地区の一部の駅のみどりの券売機になります。駅のみどりの窓口では販売しておりませんのでご注意ください。

JR西日本ネット予約(e5489)で予約された場合は「e5489サービス」の表示のあるJR西日本の「みどりの券売機」「みどりの受取機」「みどりの窓口」できっぷを受け取りに行く必要があります。受け取りは利用当日まで可能です。

2019年夏の関西1デイパスの発売期間

夏の関西1デイパスの発売期間は2019年5月1日~2019年9月29日までです。乗車日の1ヵ月前から1日前までの発売となります。ご利用日当日は発売していませんのでご注意ください。

利用出来るのは2019年6月1日~2019年9月30日までとなります。

発売期間 2019年5月1日~2019年9月29日
利用期間 2019年6月1日~2019年9月30日

2019年夏の関西1デイパスの料金

夏の関西1デイパスの料金は大人が3,600円、小人が1,800円になります。特急や指定座席などは別途料金がかかります。

大人 3,600円
小人 1,800円

自己紹介

HN:おんぢ
初めまして。おんぢです。