馬見丘陵公園の主役はチューリップだけではなかった!これからはネモフィラの時代!?


ゴールデンウィーク最終日に奈良の馬見丘陵公園に行ってきました。

馬見丘陵公園はチューリップが有名で4月にはチューリップフェアが開催されています。

でもゴールデンウィークにはチューリップの見頃終わってるやん?って思うかもしれませんが、実はここ最近ブームになりつつある、ネモフィラという花が咲いています。

今回はネモフィラを見に馬見丘陵公園に行ってきました。

写真 2017-05-09 20 53 07

澄んだブルーの色をしているのが特徴で、とても綺麗です。

私はネモフィラという花は初めて見たのですが、最近では茨城県の国営ひたち海浜公園が有名で、丘一面がネモフィラの花で埋め尽くされていて、天国のような場所ということで、ゴールデンウィーク中も各メディアで取り上げられるぐらいネモフィラの人気が高まっているそうです。

ネモフィラの見頃は地域によって様々とは思いますが、だいたい4月下旬〜5月中旬頃ですね。

馬見丘陵公園ではタイミングによってはチューリップとネモフィラが同時に咲いているところも見れるみたいですが、今回訪れたときは既にチューリップの花が取れていました。

ネモフィラを見るなら北エリアがオススメ

馬見丘陵公園はものすごく広くて、駐車場をどこに停めるかがとても重要になってきます。

ネモフィラは北エリアの集いの広場で一番綺麗に咲いていますので、北エリアの北駐車場に止めるのをオススメします。

駐車場は無料ですし、2〜3分ぐらい歩いたらすぐにネモフィラとご対面出来ます。

広場もありますので、テントを張って、弁当食べながらネモフィラを眺めることも出来ますし、大型遊具もあってお子様も喜ぶこと間違いなしだと思います。

ゴールデンウィーク最終日に行きましたが、めちゃくちゃ混んでるって事はなかったので、奈良にネモフィラが見れる場所があるって覚えといて頂いて、来年のゴールデンウィークに家族連れでもカップルでも、是非行って頂けたらと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください